1. トップページ
  2. キャッシングのブラックリストとは

キャッシングのブラックリストとは

一般の人がキャッシングの返済を延滞したりすると、「ブラックリストに載ってしまう」などとよく言いますが、実際にブラックリストがあって、そこに名前が載ったらアウトというような仕組みはありません。
ただ、ブラックという言葉に関係するキャッシングの良くない情報はありますので、どういうものが引っかかってくるのかまとめてみましょう。

個人信用情報のブラック情報

キャッシングの審査をする時に消費者金融会社などが参照するのが個人信用情報データです。
そこには、過去から今までその人がどのような金融取引をしてきたかが載っています。
その中で、例えば過去に借金の返済を滞らせたことがあるとか、借金を返せなくなって債務整理をしたとか、自己破産してしまったとか、そうした金融事故の内容が載っている場合、それはブラック情報となります。
この場合は、過去に起こした問題で、自分の情報がブラックになってしまったということですね。
通常長くて10年も経てばすべてのマイナス情報でも消えるとは言いますが、まずは記載されないことが大事です。

申込みブラック

これは、ある一定の期間内に何社も何社もキャッシングの申込みをしているという情報です。
何社も回っているということはそれだけ財政難の可能性がありますので、返済能力が低くなっていると判断されるのが一般的です。
3社までが限度と言われていますので、あまり立て続けに申込みをするのは避けましょう。

借り入れ件数

これはブラックではないにしても、ブラック予備軍とも言うべき情報です。
例え借りている額が少なくても、返済が滞っていなくても、消費者金融会社などとの契約件数が異常に多いと警戒されて審査に落とされる可能性があります。
キャッシングは、何社にも渡って契約するべきではなく、余裕が欲しい場合にはまず融資額の拡大から交渉するのが正解。
返済が残っている額の大きさを気にするのは当然ですが、それと同じくらいに契約会社数の多さのほうを気にしましょう。

個人向けの消費者金融などは、基本的に無担保、保証人なしの仕組みでお金を貸してもらえます。
つまりは、その本人に対する信用がすべてという前提なのです。