1. トップページ
  2. キャッシング、クレジット、カードローンの違い

キャッシング、クレジット、カードローンの違い

キャッシング、クレジット、カードローン、いろいろな呼び方がされていてよくわからないという人も多いそうです。
あとで利息をつけて返済しなくてはいけないお金が発生する点では一緒ですが、使い分けされている内容を知っておきましょう。

キャッシングとクレジット

いわゆるクレジットカードは、買い物をする時に提示するだけで現金が無くても商品が受け取れたり、サービスを受けたり出来る仕組みですね。
これはいわゆるツケ払いで、後でまとめてクレジットカードの会社から来る請求に対してお金を払うシステムです。
自分で買ったものや受けたサービス料金は一旦クレジットカード会社が代わりに払うことになるので、クレジットカード会社は支払い能力に合わせてショッピング枠という限度額を定めています。
これとは他にキャッシング枠が設けられている場合があり、そちらは現金をそのまま引き出す事ができる範囲になっています。
ショッピング枠とキャッシング枠とは別になっていて、それぞれ金利も違いますので最初に注意しておきましょう。
クレジットカードは海外など、通貨の違いが発生する場合にとても便利なしくみです。

カードローン

銀行が行っているキャッシングについては、カードローンという呼び方に統一されているようです。
そもそもキャッシングというのは、一定期間内に使ったお金を定められた返済日に一括返済する仕組みを言いますので、リボルビング払いなどを設けている銀行カードローンなどはキャッシングとは少し違うシステムを持っていますね。
リボルビング払いというのは、どれだけ借りても月に返す額が一定となるもので、生活費を無理に削られることがないため一見楽に見えるシステムです。
でも、自分が全体でいくら借りているのかわからなくなり、いつが完済日になるのかもわからなくなるというズルズルとした借金生活を招いてしまうケースがあります。
基本は、借りたお金が完済するまで上乗せで借りないことですね。