キャッシング審査に落ちたとき

キャッシングを申し込んだのに、何故か融資出来ないという連絡を受けることもあるでしょう。
審査の基準は各社の極秘事項なので絶対に外部には教えてくれませんが、電話で伝えられたなら、一応真摯に丁寧に聞いてみるのもひとつの手段です。
落ちてしまったとしても、現金を得たいから申し込んだわけですから、次の手段を考える必要があります。
その時のポイントをまとめてみましょう。

申込み内容に間違いはないか?

サンプル画像

相手の会社は申込み内容に基いて審査を行うわけですから、その内容に相違があれば信用が疑われるのは当然のことです。
例えそれがミスであっても、相手には悪意があるのか無いのかわかりませんから、間違いがあればあるだけ信用度は下がるでしょう。
特に、勤続年数、年収、勤め先の会社名、電話番号、住所などなど。
こうした基本的な情報に食い違いがあるだけでも大きなマイナスです。

融資希望額が高すぎないか?

信用があるかどうかもまだ調べている段階で、いきなり高額のお金を借りたいと言っている人には警戒が起こるのが自然です。
極端な例で言えば、いきなり1,000万円貸してくれと言われたら、金融会社のほうも何事かと思うでしょう。
よぼど緊急に大金が必要な事件でも抱えているのか、そのまま借り倒して逃げるつもりかと訝しく思うのは致し方ないことです。
自分の収入に関わらず、最初から大金を要求するような行為はやめておいたほうが賢明ですね。

他の金融会社と契約がある

他のカードローンや消費者金融から何件もお金を借りていたり、現在借りていなくても、何社も何社も貸し借りをしているような状況は、一番審査に落ちやすい状況です。
使わないカードがあるなら契約を閉じて、より少ない会社に絞ることが先決です。
これは国の定める「総量規制(そうりょうきせい)」という法律にも関わることで、現在そうでなくても、より多重債務状態になりやすい条件を持っている人は、どの会社からも敬遠されるのが一般的です。

審査に落ちても、次の融資先を探してまた申込めば良いことではありますが、立て続けに何社も申し込むと「申込みブラック」という状態になって、余計に審査に通らなくなります。
融資の申込みは、結果に関わらず申し込んだ時点で個人信用情報に書き込まれますので、多くても3社くらいで止めるようにしましょう。

キャッシングの審査ってそもそもどういうもの?

キャッシングは、個人の信用のみでお金を貸してもらう仕組みです。
となれば、当然貸す方はその人にお金を貸してもちゃんと返してくれる人かどうか、信用を調査する必要が出てきますよね。
そのために必要とされるのが審査です。

キャッシングの審査とは

サンプル画像

キャッシングを受けたいと思った時には、必ず最初に申込みをして、個人の信用を審査されることになります。
何を調べられるのか、なんだか不安だと思うかもしれませんが、お金を借りる以上は避けられないことと考えましょう。
まさか無審査でお金を貸すなどというまともな業者はいませんから、おかしな誘いに乗ると後でもっと大変な事態に陥ってしまう場合がありますので注意してくださいね。

どんな審査をするのか

キャッシングの審査は、お金に関して信用がおけるかどうかを確かめるのが目的ですから、過去から現在に至るまでその人がどのようなお金の取引をしてきたかの個人信用情報が照会されます。
「取引なんて自分はしたことない」と思っているかもしれませんが、本体がローン扱いの携帯電話を買ったらそれはすでに取引契約になりますし、クレジットカードやクレジットカード機能付きの銀行カードなどを作った時にも契約が成立しています。
車や住宅のローンは当然のこと、私たちは社会で生きて行くためにあらゆる契約を交わしているものですから、そうした中で問題がなかったかを調べられるのがまず第一となります。
その後で、勤務先の確認などが行われる場合があります。

個人信用情報とは

個人情報を専門に管理しているのは、国から指定を受けている日本信用情報機構(JICC)や、CICといった指定信用情報機関です。
個人が金融取引に関わる行為をすると、すべてそこのデータベースに記載されますので、キャッシング業者が照会するとすべてすぐに明確にわかるようになっています。
この情報に関しては、個人が請求すれば自分で自分の情報内容を知ることも出来ますが、有料となりますのでご注意を。

キャッシングの在籍確認とは

キャッシングの申込みをすると、相手の会社が本人についていろいろな個人信用情報を調べます。
その中で、勤めている先へ在籍確認が行われる場合があります。

在籍確認とは

サンプル画像

キャッシングの申込みの時に、勤め先を記入する欄があると思います。
これは、その人が今どのような収入で生活をしているのかを知るために必要な項目です。
アルバイトでもパートでも構わないので、定期的な収入があることを証明することで審査が通りやすくなったり、借りられるお金の限度額が高くなったりするのが一般的です。
それだけに、収入証明やその人の勤務内容は重要な判断材料となるのです。
だからと言って嘘の内容を書かれてしまったら、金融会社もだまされてしまいますよね。
在籍確認は、申込みの内容が事実かどうか、その勤務先に確認を行う行為を指します。

在籍確認はどうやって行うか

金融会社から勤め先に対して電話をかけて、本人が実際に働いているかどうかを確認するのが一般的です。
お金を借りようとしているということを知られたくない人が多いので、金融会社の名前ではなく、個人名や別の会社の名前を名乗ってかかって来ることが一般的なのですが、最近の個人情報保護の流れで、電話などでそうした在籍情報は一切漏らさないという会社も増えてきました。
そうなると確認のしようがないため、在籍確認に関しては別の方法を取る業者も増えてきました。

在籍確認が出来ない時は

源泉徴収票や直近の給与明細で収入証明が出来れば良いとするケースや、口座を持つことで在籍確認を一切しないという銀行カードローンなども出てきています。
これは、申し込む人が勤め先に知られたくない、迷惑をかけたくないという要望が増えてきたことも背景にあります。
確かに「キャッシング会社から電話がかかってくるのでよろしくお願いします」と言われても周りも困りますし、謎の人からいきなり電話がかかってきて不審がられるのも困ります。
他の方法があるなら助かるという人は多いでしょう。
最近では、完全にWEB完結出来る、郵送物も無いサービスも増えてきています。