1. トップページ
  2. 総量規制とは?

総量規制とは?

キャッシングをする上で、まず知っておくべきことは総量規制に関する法律です。
難しいことはわからないと言わずに、自分のお金のことですから、ちゃんと知識は持っておきましょう。

総量規制とは

簡単に言ってしまえば、自分の年収の総額の3分の1以上のお金を借りることが出来ないという法律です。
実際に施行されたのが平成22年6月ですから、そう昔のことではありません。
それまでは、乱暴に言ってしまえば自分で返せなくなるほどの大金であっても、いくらでも借りることが出来る仕組みでした。
景気が低迷して個人も消費者金融業者も行き詰まってしまった時代に、社会への影響を危惧して整備された法律なのです。

総量規制対象外とは

総量規制の適用される貸金業者は、一般の消費者金融会社です。
これに含まれないのが銀行で、銀行が直接融資を行っているカードローンなどは適用外となります。
実際には救済措置はあるのですが、総量規制のために消費者金融会社から専業主婦などの収入のない人がお金を借りられなくなりましたが、銀行であれば適用外なので変わらず配偶者の収入などを基準に借りることが出来るようになっています。
また、住宅ローンや車のローン、教育ローンなどが重なって年収を超えても、キャッシングすることが可能なのが銀行系カードローンです。

総量規制の例外とは

総量規制によって一般の消費者金融会社などには融資に制限がかけられているわけですが、一方的に利用者が有利になる「おまとめローン」などの借り換えについては例外とされています。
多重債務者などが返済を少しでも楽にするためにおまとめローンに借り換える場合などには、条件によって年収を超える額でも融資が受けられることになります。

キャッシングを申し込んだ時に審査が入り、他に何社からも借り入れがある人が落ちやすいのは、こうした総量規制の法律にも関係していることです。
現在はまだ多少余裕があるとしても、何社からもいっぺんにお金を借りたらあっという間にお金の借りすぎになってしまいます。
3分の1というのは、1社から借りる限度ではありませんので、勘違いしないようにしましょう。
すべて合わせた合計の額で判断されます。